×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



’08.09.13一宮友歩会・第16回ウオーク例会下見レポート
(平成20年9月13日(土)天気:晴れ)

@午前7時10分自宅出発(GPS使用)>コンビニ>一宮駅>名古屋駅JR関西線8:16>永和駅9:00出発
>佐屋川創郷公園>鹿島神社9:55>吉川英治文学碑10:16>新茶屋川公園>サンビーチ日光川11:38>
>藤前活動センター12:23>新川河口0km地点12:38>名古屋市野鳥観察館13:29>
稲永ビジターセンター13:37>あおなみ線野跡駅へ13:55>名古屋駅>一宮駅>帰宅
(今日の歩数:36,408歩) ★★(通行軌跡(GPS)はこちらです。)★★

一宮友歩会の第16回例会参照 藤前干潟(ウイキペディア) 藤前干潟を守る会 名古屋市野鳥観察館
名古屋市 日本のラムサール条約登録地 藤前活動センター・稲永ビジターセンター


JR関西線 永和駅  9:00出発

佐屋川創郷公園   9:34

鹿島神社  9:55
境内にある文学苑は黒川巳喜(紀章の父)が作り、
蟹江の水郷地帯や風情を文学的遺産として遺した

佐屋川を下る   10:03
多くの俳句が句碑としてあった

佐屋川に咲く花  10:10

吉川英治文学碑  10:16

佐屋川・日光川合流点  10:48

サンビーチ日光川  11:38

 日光川河口  11:44

藤前干潟の水鳥たち

藤前活動センター  12:23

藤前干潟の水鳥

干潟の生きもの

新川河口0km地点  12:38

手前庄内川 右上新川  12:54

名古屋市野鳥観察館   13:29

名古屋市野鳥観察館から見た野鳥 13:34

稲永ビジターセンター  13:37

稲永ビジターセンターから見た水鳥 13:40

あおなみ線 野跡駅に到着  13:55

河川探訪日光川編Part4  (名古屋駅からの経路はここをクリック
JR関西線 永和駅(S)>藤前活動センター・稲永ビジターセンター>あおなみ線 野跡駅(右下)>
                                                 名古屋駅へ

藤前干潟:伊勢湾に流れ込む庄内川、新川、日光川の河口に広がる砂・泥からなる干潟で、庄内川河口干潟、
新川河口干潟、藤前先地干潟に分けられる。
これら323haの区域が2002年11月18日に「藤前干潟」としてラムサール条約に日本では12番目に登録された。
(最初の登録湿地は釧路湿原)


ホーム      Topへ