×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


関南アルプス(明王山、迫間山)登山レポート
(平成20年12月14日(日)天気:晴れ(標高:明王山358m、迫間山309m)(今日の歩数:30017歩)

午前8時00分自宅発>鵜飼宅8:20>佐々木宅9:00>迫間不動尊>明王山見晴台、迫間山(関南アルプス)>下山
12月14日は早朝は小雨、日中は小春日和の晴天で、里山登山には絶好の日よりとなった。
  また、明王山見晴台からは360度の展望が素晴らしく、御嶽山などがよく展望できた。

向山 向山・須衛 関市 里山大縦走(関南アルプス)


関南アルプス明王山見晴台の案内 9:46

360度開けた明王山見晴台380m   10:45

御嶽山の展望 11:16

尾根道の落ち葉 11:37

奥の院  13:46

迫間城跡の高台(見晴らしがよい) 13:55

迫間城跡

展望が良い

迫間城跡の高台で隣人に撮影してもらった 14:00

アップダウンを繰り返して下山した 14:08
関南アルプスとは関市の南端に東西に連なる全長10kmの山並みを指す。
尾根は各務原市との行政界になり、四季を通じて絶景が楽しめる。
向山303m、須衛山321.8m、金山347.7m、迫間山309m、明王山358m、城山265m。


ホーム      Topへ