×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



2回目の富士山登山(3776m)  
(平成20年8月1日(金)・2日(土)天気:晴れ) ・名阪近鉄旅行(カッコーツアー)参加
(8月1日:登山編)  @(登山編)A(ご来光編)
 ★★第1回目(H19年8月22・23)はここをクリックしてください。★★

コース:7:30自宅発−尾西商工会7:50>バロー一宮西店駐車場集合8:10・出発8:20>中央道(車中食)>
>富士スバルライン>富士山5合目14:00頃着(2305m)>15:00頃登山開始>本8合目着20:55頃、富士山ホテル仮泊>
夕食・就寝>Am2:10頃出発>富士山山頂久須志神社鳥居前Am4:00頃到着(標高3,720m)>山頂山小屋散策>
ご来光Am4:30頃>下山>本8合目>五合目>石和温泉(慶山にて入浴・昼食)>マルスワイン工場見学>中央道>
>帰宅(午後8時30分頃) (今日の歩数:15,995歩) (経路マップ)

富士河口湖お宿サイト やまなし観光ネット 富士山ライブカメラ 富士登山をしてみたい
あっぱれ富士登山 はじめての富士山 富士山5合目情報


登・下山集合場所の休憩所前で
厳しい暑さの中23名が参加 14:15

富士山5合目標高2305mの五合園レストハウス
ここで約45分休憩して体を慣らした。  14:30

午後3時頃登山道に入る 15:01

泉ケ滝分岐点で登山道を説明するリーダー15:13

泉ケ滝を過ぎると登り道になる。   15:21

6合目にある富士山安全指導センター 15:54

6合目吉田口と河口湖口(スバルライン)の
分岐点標識    15:55

トイレ休憩    15:57
(富士山安全指導センターのすぐ近く)

小休憩                 16:37

6合目から9合目まで山小屋が続く 17:15

急斜面で足場の悪い岩場を登る  17:24

7合目山小屋の富士一館を通過  18:14

少し暗くなった7合目付近を登る登山者 18:23

鳥居荘通過 昨年はここで宿泊した 18:32

7合目付近から渋滞が続く    18:38

8合目付近には目立つ植生は見られない18:49


本8合目で須走口ルートと合流して渋滞が続く
夕方になっても行列が絶えない。18:51

ようやく本8合目の山小屋に着いた。
宿泊地の富士山ホテルの前で 20:56
(経過と反省点)
8月1日は晴れて暑かったが、富士山5合目
 では、直射日光を浴びれば別だが、空気は爽
 やかで涼しかった。6合目までは高度に慣らす
 為にゆっくり登った。
8合目からやや頭痛がして気持ち悪くなった。
 (山小屋でゲップをして直った)胃薬必要。
就寝前には冷えによる足の痙攣予防に足た
 たき等徹底してクールダウンストレッチを行っ
 た。その結果、足つりなどなかった。←重要
温泉入浴などで股や膝、足首など下賜を
 十分に保温して血行を良くすることが重要だ。
登山にはできるだけ軽装備で臨み、長時間
 ・長距離・重い荷物を運ぶことがないようにする
 ことが重要だと分かった。
===================
(参考)富士山雑学
@合目と標高:河口湖口五合目2305m、吉田
 口6合目2310m、7合目2800m、本8合目
 3400m(富士山ホテル)9合目3600m、山頂
 (久須志神社3715m、久須志岳3740m)。
 高度100mで0.6℃下がるので下界で30℃
 でも五合目で16.2℃頂上では、7.7℃
 となる。富士山の頂上では気温対策が重要だ。
(参考)富士山雑学(続)
A山頂(剣が峰3776m)の日の出、日の入り時刻
 7月1日:Am4:23 19:14
 8月1日:Am4.44 18:59
 9月1日:Am5:08 18:20
Bお鉢巡り:大噴火口の直径600m深さ200m、
 距離2.5Km、累積高低差147m、一周約1.5時間
C高度と植生(吉田口登山道):6合目ミヤマヤナギ
 、ミヤマハンノキ、イタドリ、オンタデ、フジハタザオ、ミヤマ
 オトコヨモギなど 7合目:イワノガリヤス、イワヒゲ、ツガ
 ザクラ、ムラサキモメンズル、イワスゲ、イワツメクサなど
 8合目(3200m付近):イワスゲ、オンタデ 
 〜頂上:コケ、地衣類
D登山道の山小屋(吉田口):5合目レストハウス
 6合目:経ケ岳、雲海荘、7合目:花小屋、日の出
 館、ホテルトモエ館、鎌岩館、富士一館、鳥居荘、
 東洋館8合目:太子館、蓬莱館、白雲荘、元祖室
 富士山ホテル、トモエ館、御来光館
E富士山の特徴:流動性の大きい玄武岩質溶岩
 が中央噴出を繰返してできた成層火山で独立峰。
 フィリッピン海プレート、北アメリカプレート、ユーラ
 シアプレートの衝突境界や火山帯の交点に位置し
 ている。また、約60の寄生火山が見られるのも大
 きな特徴である。

ツアーバスの運行経路(2008.8.1〜2)


ホーム Top  @(登山編) A(ご来光編)