×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



伊豆大島三原山お鉢巡り参加レポート
(平成22年2月23日(火)・24日(水)天気:晴れ)・クラブツーリズム・ツアー参加
@(2月23日:大島公園椿園&椿トンネルウオーキング編)(今日の歩数15,098歩)

@(富士山と熱海梅園・河津桜&大島椿編)A(三原山お鉢巡り&十国峠編) B拡大版 C鵜飼さんの拡大版
三原山の説明(wikipediaから) 都立大島公園(説明) コース


東名高速道路富士川SPから見た富士山11:49 162

SPの富士山 11:54(拡大)169

SPの富士山 11:54(拡大)167(見納めであった)

熱海梅園河津桜13:19(東名工事で予定変更)171

熱海梅園会場案内13:21 172

園内の梅花 13:24 175

園内の滝 13:25 177

梅花2 13:27 181

梅花(紅梅)13:28 185

梅花(赤)13:28 187

梅花(白)13:29 188

梅花(ピンク)13:33 195

滝を背にして(記念写真13:34 200

滝の内側から梅園を見る13:36 205

河津桜が満開 13:46 217(

桜花の蜜を吸うメジロ13:49 232

河津桜アップ13:54 234

桜花 13:57  237

桜並木13:59(ここでバスを待つ)243

熱海港に入港する魚船14:40 246

異国情緒豊かな熱海港14:40 249

熱海港14:44 14:45に乗船した 252

熱海港の椿@(オリンパス)(待合所付近)

熱海港の椿A(オリンパス)


大島泉津の椿トンネルの大木23日29(樹齢400年)

大島固有の椿30(23日椿公園には行かなかった)

椿の畑で撮す43

湯の宿くるみや(泊)54

椿まつり(23日夜まつり)82

あんこ椿の踊り(23日夜まつり) 90

道路脇の椿@97(24日)

道路脇の椿A99(24日)

三原山について(wikipediaから)                     Top

 (構造)
外輪山の直径は2,500-3,200 mで山腹には数多くの側火山が存在し、火山壁の高さは600-700 mである。
また、火口の中央付近には1950年から翌年にかけて噴火で生じた三原新山とよばれる火口丘がある。
溶岩原は砂漠と呼ばれ、山の北東の泉津地区に広がる溶岩原は裏砂漠、その下方のものは奥山砂漠と
呼ばれる。

 (歴史)
約2万年前から現在まで、100年ないし200年毎に合計百数十回の大噴火が起きたと考えられている。
古くから島民は噴火と火山をそれぞれ御神火、御神火様と呼び、敬ってきた[1]古代の火山活動について
は、六国史などに記述があるが、伊豆諸島の中で三原山の噴火と断定できるものはない。
島内の元町地区にある薬師堂の祈祷札には、天文21年9月19日(1552年10月17日)に「御原ヨリ神火」が
出たという記録がある。近世の大噴火としては、天和4年(1684年)から元禄3年(1690年)にかけての
噴火と安永6年(1777年)の噴火が挙げられ、どちらも溶岩が火口壁を越えて流出するほどで、御救米が
下されたという。
近年では1950年から翌年の噴火と1986年(昭和61年)11月21日の大噴火が有名である。
前者では新たに三原新山ができて、火口の北東に位置し標高754mでそれまで最高峰だった剣ガ峰を抜いた。
後者では全島の約1万人の島民が避難し、翌12月19日から23日まで島を離れている。
この時東海汽船は、全ての定期航路を運休させて全船舶を大島に向かわせ、避難民を輸送した。
(既に出港していた船も大島に引き返したという)
火口周辺は立ち入り禁止だったが、1996年(平成8年)11月10日に解除された。
                                                                        
都立大島公園(←ホームページから)                            Top
大島は、東京の南約100kmの太平洋上に浮かぶ伊豆七島最大の島です。
三原山、波浮港、椿などで知られるこの島は、ほぼ全域が富士箱根伊豆国立公園区域に指定されるなど
豊かな自然が息づいています。
 大島公園は雄大な景観、海岸線そして照葉樹林という特有の自然環境に抱かれた、総面積327haを
有する自然ふれあい公園です。
園内には、大島公園地区に国内最大規模の椿園、植物園、動物園、そしてゴゼ川地区(海のふるさと村)
には宿泊が出来るキャンプ場、ロッジがあります。
 また、潮風が心地いい海岸遊歩道、裏砂漠を抜け三原山へ至るハイキングコースもあり、大島の自然を
丸ごと楽しむことが出来ます                          
コース:                                      Top
2月23日:Am5:40自宅発−鵜飼宅6:00>名古屋駅西口エスカ地下街受付・出発7:10>東名高速道>
東名高速道路工事中につき、熱海梅園見学>>熱海港:高速ジェット船>大島元町港>椿トンネル海岸遊歩道>
伊豆大島黒潮温泉泊(くるみや)>第55回伊豆大島椿まつり(夜祭り見学) (今日の歩数:15,098歩)
24日:7:45バス、三原山お鉢巡りハイキング(三原山頂口・・・三原神社・・・お鉢巡り・・・火口展望台・・・三原山頂口)
>岡田港>東海汽船:高速ジェット船、熱海港>十国峠(ケーブルカー)>東名高速>名古屋18:30頃着>帰宅
(今日の歩数:22,666歩)


大島町公式サイト お鉢巡り 伊豆大島(wikipedia) 三原山登山記            Top


ホーム Top  
@(富士山と熱海梅園・河津桜&大島椿編)A(三原山お鉢巡り&十国峠編) B拡大版 C鵜飼さんの拡大版