×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



友歩会例会史跡巡りPart3 笠松羽島拡大版
 (平成22年3月27日(土)天気:晴れ)(3.27歩数:37,632歩)
(下見:笠松9.4の歩数:28,396歩・羽島9.18:25,716)  (10.2の歩数:33,930歩、参加者59名)

笠松町 笠松デジタルウオーキング(pdf) 笠松町デジタルマップ参照(pdf)

午前9時、(笠松町)商工会館>鮎鮨街道碑>高嶋家前>善光寺本堂>石碑2塔>笠松別院山門>
>別院内蓮台寺塔礎石>産霊神社>法伝寺>笠松歴史民俗資料館>杉山邸>杉山邸の改装土蔵>
>土蔵内の写真展>>木戸跡>笠松湊公園>川湊石畳>大臼塚跡>蓮台寺遺跡(白鬚神社)>
>信長・道三別れの地(白髭神社内解説)>東流廃寺(蓮台寺)塔礎石(白髭神社内)>
>旗本津田領代官所跡(長池内)>誓廣寺(昼食)>児神社(鎌倉街道標柱)>以下羽島市へ 
解説コースマップのPDF 友歩会の例会案内参照鎌倉街道 笠松湊



高嶋家前にある鮎鮨街道の標識
高嶋家前にある案内板拡大はここ)

高嶋家は鮎鮨街道の宿次(荷の受渡)を務めた
問屋場で古文書が残っている(高嶋:左4人目)

善光寺本堂005 木曽川のかくれキリシタン処刑場に
あった石碑が善光寺境内に移された(右の写真)

かくれキリシタン処刑場にあった石碑006
左:南無妙法蓮華経右:南無阿弥陀仏

笠松東別院山門013

別院内蓮台寺(東流廃寺)塔礎石017(044参照)

産霊神社019

法伝寺024

笠松歴史民俗資料館展示の大船 kh006

資料館展示の笠松湊の様子と石畳 kh011

杉山醸造店の暖簾osusi114

杉山邸2Fから見た改修土蔵osusi121

杉山邸土蔵改修(2010/03)028

土蔵内で可児幸彦写真展開催029

杉山邸

笠松湊公園11:09

木曽川笠松渡船場跡

笠松港の石畳(ここを鮎鮨荷が通った)

笠松湊の石畳を降りる kh024

木曽川橋をくぐる kh025

大臼塚跡(1697年)ここで隠れキリシタンが処刑された
ここにあった2つの石柱は善光寺に移された

蓮台寺遺跡(白鬚神社内)042 (解説)
信長と道三がここで最後に別れた

蓮台寺塔礎石(017参照)(拡大解説)044

旗本津田領代官陣屋跡051解説)

誓廣寺(雨天時昼食場所)056
コースマップのPDF

児神社(左:鎌倉街道の標柱)058
羽島編へ続く コースマップのPDF
★(参考)笠松デジタルウオーキングから
                ★Top
鮎鮨街道:街道は「岐阜−稲沢」が妥当と高橋さん
はその著「鮎鮨街道いま昔」で指摘している。
長良川の鮎が「お鮨所」で加工されて、江戸城まで
46宿、5日間かけてリレー搬送された。江戸に着く
頃ちょうど食べ頃となるという。古文書ではこのリレ
ーを「縦立」「宿次」と記述している。鮎鮨荷は、
ひと夏で「三荷で10回」が定型とされ、幕末まで
続いた。
街道の略図は、「鮎鮨街道いま昔」に詳しい。
参考:「杉山邸」     ★Top
明治24年「濃尾大震災」直後に建造された町屋風
造りで杉山栓二郎さんの邸宅。
2006年国の登録文化財。1Fに7部屋2Fに5部屋
ある。敷地面積530u。総床面積230u。「笠松を
語り継ぐ会」(代表:高橋恒美さん)が邸宅を管理
運営している。
毎月第4土日に一般開放。平成21年9月笠松町
に譲渡された。
笠松の町おこしの拠点として歴史民俗資料館と
ともに今後の活躍が期待される。
なお、土蔵が平成22年3月に修復されている。

改修前(友歩会参照
 木曽川笠松湊渡船場跡・石畳

笠松は、陣屋や県庁が置かれた所であったことから
交通の要であり、木曽川は荷物を運ぶなど、大切な
川でした。湊で荷揚げされた荷物は、大八車で各地
に運ばれました。
その大八車の車輪が食い込まないように、大きな石
を敷いて地面を固くしたものが石畳です。
現在の石畳は明治11年(1878)、明治天皇
巡幸の折、改修工事で山石を敷いたものと伝えられ
ており、岐阜県の重要文化財に指定されています。
美濃郡代笠松陣屋・県庁跡   ★Top
江戸時代、笠松には陣屋(役所)が置かれ、年貢
の徴収、民治、裁判などの仕事をしていました。 
陣屋は、明治政府の誕生とともに廃止され、慶応
4年(1868)に美濃国の一部が笠松県となった
際に、陣屋の跡に笠松県庁が置かれました。明治
4年(1871)岐阜県庁となりますが、明治6年
に県庁舎が岐阜市に移るまでは、ここで様々な仕事
が行われ、笠松は岐阜県の中心地でした。
また、当時、知事官舎として使われていた建物
が現在養老公園内にあり、「孝子館」として、
町民の皆さんに幅広く利用されています。
郡役所跡(新町)

明治12年(1879)郡役所が県下で16箇所に
置かれ、笠松村には羽栗・中島両郡の郡役所が置か
れましたが、明治24年(1891)の濃尾震災で
燃えてしまいましたが、同27年新町に移転改築さ
れました。
その後、羽栗・中島郡役所は新郡制が施行されると
羽島郡役所となり、大正15年(1926)に廃止
されました。
東流廃寺(蓮台寺)の塔礎石(白鬚神社内)
昭和32年(1957)、長池東流地区で土地改良
工事を行っていた時、土中から礎石や瓦等が発見さ
れました。礎石には二重の穴があいていて、その大
きさから塔の高さは30メートル近くあったのでは
ないかと推測されます。
このお寺は、出土した場所から東流廃寺と呼ばれ、
いくつかの建物や門などがあったと思われます。
この礎石は2つに割られ、西宮町の東別院と田代の
白鬚神社に残されています。
道三・信長両将別れの地(白鬚神社内)

斉藤道三は、娘を信長の嫁にしています。
天文22年(1553)富田(愛知県尾西市)の
正徳寺で親子対面し、両将は帰路を共にし、田代
の八幡神社(白鬚神社合祀)で別れの儀式をした
後、道三は稲葉山(金華山)の居城に、信長は
那古野(名古屋市)の居城に引き揚げました。

鎌倉街道 中世において鎌倉から関東諸国をとおり信濃や 越後、そして陸奥などの地方を結ぶ交通路で、 いわゆる鎌倉幕府の御家人が「いざ、鎌倉」と 馳せ参じた道であり、 鎌倉時代から戦国時代 までの関東武士の栄枯衰退の歴史を物語る道で ある。しかし実態としては詳細な道筋や姿は あきらかでなく「幻の道」と呼ばれている。
旗本津田領代官陣屋跡    ★Top

旗本津田氏の祖、小平次秀政は織田信長、太閤秀吉
徳川家康に仕え、七右衛門の代に姓を津田に改めま
した。領地は最初、江戸の直接支配でしたが、江戸
中期以降は美濃と丹波(京都府亀岡)に代官所を置
いて支配していました。美濃国の采地は、葉栗郡の
長池村、三ツ屋村、藤掛村、光法寺村、おはけ村と
西濃の安八郡白鳥村、不破郡平尾村、本巣郡三日市
場村、そして可児郡3村を合わせた4011 石でした。
代官所は、最初は安八郡白鳥村にあって、野村氏が
支配していましたが、後に岩越氏が代官となって、
羽栗郡長池村に移され、明治初年まで美濃国11村を
支配してきました。

笠松紹介web参照

鎌倉街道(wikipedia) 鎌倉街道の説明(WEB)                    Topへ

古道としての「鎌倉街道」とは、鎌倉時代に幕府のある鎌倉と各地を結んだ道路網である。鎌倉幕府の御家人
が、有事の際に「いざ鎌倉」と鎌倉殿の元に馳せ参じた道でもある。
鎌倉政庁自らの記録である吾妻鏡に、鎌倉街道という言葉は見られない。
あたかも鎌倉政庁により上道、中道、下道という名の「鎌倉街道」を整備していたかのように思われがちだが、
当時の記録にはそのような名前の道は見られず、また枝道なども鎌倉街道と呼ばれ各地にその名が残っている
ものの、実際のところ「鎌倉街道」の由緒については不明である。

しかし、「鎌倉との往還道」という意味では、以下のような記述が散見される。

1.京や駿河・遠江と鎌倉の間、そして鎌倉よりさらに下総・常陸に向かう道として東海道
2.鎌倉から武蔵東部や下野に向かう中路
3.さらに中路を経て奥州に向かう奥大道
4.鎌倉から武蔵西部や上州に向かう下道
5.下道からさらに信濃・越後に向かう北陸道
これらのうち、「東海道」と「北陸道」は道路の意味よりむしろ地方の名称、すなわち律令制五畿七道の一道
の意味合いで用いられているとも解される上、「中路」はもともと官道の規格を表す表現として用いられて
きたものでもある。
一般的な解釈として、鎌倉から武蔵西部を経て上州に向かう道路が「上道」とされているが、吾妻鏡の中に
「上道」の記述は見当たらず、むしろ鎌倉から上州を経て北陸道へ至る道を「下道」としている。

鎌倉街道の特徴 
なるべく平坦な直線距離を取る。
見晴らしがいいように丘陵や台地、微高地の尾根を通る。
尾根道の場合、掘割状の凹型の断面となる。幅は騎馬が2列並んで通れる程度で決して広くはない。
Topへ

笠松湊
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

笠松湊(川灯台) 
木曽川笠松渡舟場跡(石畳)笠松湊(かさまつみなと)とは岐阜県羽島郡笠松町港町にあった川港である。
木曽川水運の中継地点として発展していた。現在は笠松みなと公園として整備されており、川灯台が建てられている。
港までの道には河原石を敷き詰めた石畳が今でも残っている。 笠松渡船場跡石畳は県指定史跡(昭和42年11月)。

 概要 
寛文2年(1662年)美濃国奉行(美濃郡代)名取半左衛門長知が郡代陣屋を移し、傘町から笠松に改称してから
約200年にわたり、笠松陣屋を中心に、徳川幕府直轄地支配や治水行政の中心地、地方物資の集散地となった。 
木曽川水運の拠点としても発展し、下流の桑名、四日市、名古屋からは海産物や塩、衣類などが運ばれ、上流からは
年貢米や材木、薪炭などが運ばれた。 
かつては問屋や倉庫、船宿、料亭などが立ち並び木曽川随一の繁栄を誇っていた。
明治18年(1885年)には笠松湊へ寄港する船は1日平均38艘、1年間に6,440艘あまりで、明治25年(1892年)ごろ
までは桑名からの蒸気船が1日2往復していた。
大正から昭和初期には、ポンポン船と呼ばれる大型発動機船の時代となったが、近年鉄道の普及、自動車の発達に
より笠松港の役割は終わった。

(羽島市)
>正木小学校史跡一里塚跡>羽島農協前の湛水防除碑>円空通り>八剣神社(竹鼻山車説明)>
>竹鼻小学校内の佐吉像>大覚寺(史跡標柱)本覚寺絵天井・鐘楼>永田佐吉の墓>大覚寺本堂>
>竹鼻別院>格子戸の町並み(菱田邸・小宮山邸)>佐吉大仏>永照寺本堂(付録)>
>大仏児童公園(解散・羽島市役所前駅)>帰宅  羽島編へ

上記参考欄参照
参考ホームページ:鮎鮨街道詳細御鮨街道笠松町笠松トンボ天国笠松デジタルウオーキング(PDF)
笠松1(笠松)笠松2(米野) コースマップのPDF 笠松町デジタルマップ参照(pdf)   Topへ

ホーム      笠松羽島拡大版  Topへ